画像は、大阪の御堂筋界隈にある老舗珈琲店「平岡珈琲」です。創業はなんと大正10年(1921年)です。100年近くも、ビジネスの中心地で生き残ってきました。SNSの世界で全世界的に有名なようで、小さな店内は海外からの旅行者で満席でした。聞き耳を立てると、ドイツ語や中国語が飛び交っています。私はいつも、名物の百年珈琲と手作りのドーナツを注文します。セットで税込み600円です。珈琲は、明るく心地がよい苦味がする、ソリッドで力強く空間の形がしっかりと感じられる逸品です。苦味というものは舌ではなくて、軟口蓋で感じるのだと認識させられます。筆者の中ではNo.1のひとつです。ドーナツは、外がカリッとしていて、中がふんわり軽くて、和三盆のような自然な甘さがします。それでいてホットケーキ・ミックスの香りがして懐かしい感じです。
 岡山の人にとって大阪の人は怖いらしいのですが、ここはマスターも店員さんも、とてもやさしいので安心です。マスターは観光客との自撮りにも、にっこり笑って収まって下さいます。以前はビジネス街に立地しているので商用で使われることが多く、週末が休みでしたが、今は観光客が主体になったので、土・日は開いていて、月・火が定休日です。いつのまにか店内は禁煙になって、過ごしやすくなっていました。メニューだけでなく、こうした時代に合わせた柔軟性も、長く生き残ってきた極意なんでしょう。